Facebookページから実際の治療として症例報告させて頂いたものを転載してます。

右肩の痛み

30代女性。右肩痛、頚部痛、頭痛あり。日によって酷いときがあり寝込むことあり。小さい子どもがいるので抱っこのおねだりがあり可愛いけど抱くのがしんどい。
詳しく視ると関節内に異常を感じたので、
関節内の損傷があるケースだと時間がかかるとしっかり説明。
治療開始!
赤いオーラが見えたのでメディストーンベッドをSTで8分。
治療ベッドに移動してチャクラを見ると4番で引っかかる。
なので、
意識を使い右回転でエネルギーを入れた状態を維持。
そのまま、
頭頂から足底までのエネルギーの流れを通す(百会〜湧泉までの流れ)
四肢クリップをつけてSP1で5分。
うつ伏せに寝てもらって頭蓋骨仙骨療法の応用でレメシスをC2と仙骨にセットしNo.1で8分。
起きてもらって右肩の確認してもらうと、、
患者様「痛くない!」
ありがとうございますm(_ _)m
視ると頸部の骨のズレを発見したので指で弾いて正常な位置へ修正。(C2・RPとC5RPをカップリングモーションを応用して整復)
これでしばらく調子が良い状態をキープできると思うので様子を見てもらうことにしました。
指で弾いて頸部の骨を整復できるようになるまで10年はかかります。
ホンモノの道は険しく長いんです。
本物ってなんなのか?
ぜひ知っていただきたいと思いますm(_ _)m

外傷性の右肩痛(関節唇損傷)

40代男性。朝起きたら右肩が痛く動かせない。よくよく考えると腕相撲をしたのが原因かもしれないとの事。
腕相撲ということで、
まずは骨折の確認!
腫脹と内出血、変形を確認すると異常なしだったので腕相撲骨折を除外。
損傷部位を詳しく観察すると関節内が原因の様子。
自分「肩の表面の方と深い方とどちらが痛いですか?」
患者様「深い方が痛いです」
他動運動で右肩の屈曲・外転をさせると異常なし。
詳しく聞くと引っ張る動作でずれるようになり痛くなる。とのこと。
これ、、、バンカートかヒルサックスかもしれないですねφ(-ω-)カキカキ
ということで患者様に説明。
関節の中の損傷であること。
バンカートやヒルサックスの場合治療に時間がかかること。
3週間は肩に無理な負荷をかけないこと。
しっかりと説明。
治療1回目。
肩の構造を見ると関節の整合性がきになるので調整。
正常な位置に戻してソーマダインでATPを補充。
レメシスのFFで右肩を挟んで修復を促して終了。
治療2回目。
就寝時に右肩痛あり。寝返りで痛みあり。肩関節の外転・屈曲ともに100度より上に行くと運動痛あり。
チャクラをチェックすると2番で氣になるのでエネルギーを右回転で入れる。
ちょっと下痢気味が続いているとのことだった。
スーパーライザーを使って関節の深いところを温める。
肩関節周囲筋をゆるめる。気になったのは広背筋だったので広背筋を主に。
全身のバランスを整えて肩にキネシオテープをつけて終了。
治療5回目。(3週目)
ほぼ日常生活に支障なし。
プル(引く)動作で痛みを確認すると関節内の痛みなく良好になったので、
だいぶ良くなってきたので肩関節の筋トレを指示する。
インナーマッスルとアウターマッスルを説明し、
主にインナーマッスルの強化をするように。
棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・大円筋の筋トレをそれぞれ教える。
次回は肩の状態を見てアウターマッスルの強化をしていくように指示する予定。
予定通り3週間でほぼほぼ回復しましたヽ(∀)ノ